人生設計に大事な社会保険について

社会保険についての話

「 労働基準法 」 一覧

労働基準法 労働関係

労働条件の有効な変更と無効になる変更

労働条件の変更をする場合は、労働者と使用者が合意して行います。 労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる(労働契約法第8条)。   しかし、特に ...

労働基準法

年5日の年次有給休暇を取得させるよう法律で義務化

年5日の年次有給休暇の取得義務が、2019年4月1日から運用開始されます。 これにより使用者(会社)は、10日以上の年次有給休暇が付与される労働者に対して、年5日について毎年時季を指定して与えなければ ...

労働基準法

時間外労働の上限について罰則付で規制されます

2019/02/11    ,

時間外労働の上限について1か月45時間、年間360時間を原則とし、臨時的な特別の事情(特別条項付き協定)のものであっても罰則付きで法律の上限が設けられました。 2019年4月1日から大企業においては法 ...

労働基準法

サービス残業とは?会社が残業代を払ってくれない

2018/11/24    , ,

私が大学を卒業後に働いた不動産業界では、サービス残業は当たり前でした。 どこの不動産会社でもサービス残業は当たり前で、それは大手不動産会社であっても同じです。 まわりの不動産会社も夜遅くまで仕事をして ...

労働基準法

労働者の不利益になるような変更は原則禁止されている

会社の業績が悪いからといって、会社が労働者の賃金を自由に下げたり、解雇できるわけではありません。 労働者が会社に入社する際には労働契約を締結しますが、労働契約はお互いの合意に基づいて締結しているはずで ...

労働基準法 労務管理

就業規則が労働者に周知されてないと効力を主張できない

2018/08/06    ,

  [char no="3" char="アキラ"]あなたの職場には、10人以上の同僚はいますか? 事業場に常時10人以上の労働者がいる場合に作成しなければいけないのが「就業規則」ですなので ...

労働基準法

有給休暇の基本ルールと計画的な年休の付与といったその他のルール

2018/07/28    ,

労働者は立場的にどうしても弱いので、「労働基準法」という法律によって働く場合のルールが決められています。 労働基準法では、一定の要件を労働者が満たした場合は、使用者に対して有給休暇を与えなければならな ...

労働基準法

会社の都合で労働者を突然に解雇できない

2018/07/23    ,

会社の経営者の中には、労働者の処分は自由にできると思っている人がいます。 労働者が生意気な態度を取ったとか、ちょっと気に入らないといった理由で、突然労働者を解雇する使用者がいます。   いく ...

労働基準法 労務管理

店長は管理監督者に該当するか、管理職の法律上の扱い

2018/06/30    ,

労働基準法では、「管理職」について職務の性質上、労働者とは異なった扱いを受けることがあります。 一般的に管理職というと、会社の上位の職員を指し、労務管理については経営者と一体的な立場にあるため原則とし ...

労働基準法

仕事がないから会社から休むように指示された

2018/06/14    ,

会社の仕事がなくなってしまい、労働者に対して休むように指示するということがあります。 また、親会社の倒産や、部品の調達が間に合わずラインが止まってしまうといった理由で社員に仕事がなく、給料を支払わない ...

Copyright© 社会保険についての話 , 2023 All Rights Reserved.