「労働関係」 一覧

最低賃金

労務管理

【令和元年】10月から地域別最低賃金額が改定されてるので注意

2019/10/01    , ,

令和元年(2019年)10月から最低賃金が改定されます。 発行年月日は都道府県でバラバラですが、一番遅い都道府県でも6日からの勤務には適用されるようです。 最低賃金額とは 最低賃金は、働くにあたっての ...

雇用保険法

失業者の再就職を援助・支援する給付が「就職促進給付」

失業した人の再就職を支援したり、促進したりするのが就職促進給付です。   就職促進給付は、さらに就業促進手当と移転費、求職活動費に分かれます。   このうち就業促進手当は、さらに常 ...

雇用保険法

基本手当以外の一般求職者給付(延長給付,傷病手当,技能習得手当等)

一般被保険者に対する求職者給付のメインは基本手当ですが、その他にも所定給付日数を超えて基本手当が受けられる延長給付や、病気やけがで仕事に就けない場合に基本手当に変わって支給される傷病手当などがあります ...

雇用保険法

一般被保険者に対する求職者給付(基本手当)

雇用保険の一般被保険者が、失業した時に支給される求職者給付には、基本手当(失業手当)、技能習得手当、寄宿手当、傷病手当があります。   雇用保険のメイン給付といえば、失業して仕事に就けない期 ...

雇用保険法

雇用保険とは

2019/08/15    

雇用保険は、労働者にとってはもちろんのこと、労働者を雇用している側にも身近な社会保険制度です。 代表的なのが労働者が失業した時に受け取れる失業給付です。 また、労働者の雇用安定や能力開発を図る企業に対 ...

雇用保険法

日雇労働被保険者に係るに日雇労働求職者給付金

日雇労働被保険者が失業した場合は、納付した印紙保険料に応じて日雇労働求職者給付が支給されます。   日雇労働求職者給付金は、日額7,500円の第1級から日額4,100円の第3級まで等級区分が ...

雇用保険法

高年齢被保険者に係る高年齢求職者給付

一般被保険者に対しては基本手当が支給されますが、高年齢被保険者は基本手当の対象ではありません。 ただし、高年齢被保険者が対象となる求職者給付に高年齢求職者給付金というものがあります。   6 ...

雇用保険法

雇用保険料の費用負担

雇用保険は、基本手当や助成金を支給する等して、失業者の生活保障や再就職を援助しています。   被保険者や被保険者であった者に関し、失業の予防や雇用機会を与えたり、教育訓練を受けさせた事業主に ...

労働基準法

日本は外国に比べて解雇が難しい「解雇に関する法律」

2019/06/08    , ,

有期労働契約といった期間が決められている労働契約では、締結や更新、雇止めに関してルールが定められております。 労働者が働く場合の法律というと「労働基準法」を思い浮かべる人が多いと思いますが、法律で解雇 ...

労働基準法

「労働時間は法律で決まっている」時間外労働を命じられたら

今でも労働者に対してサービス残業を強いる会社は多いです。 サービス残業は賃金を支払わずに労働者をはたらかせる違法行為ですが、残業に対して賃金を支払ってたとしても残業ばかりでうつ病になったり、残業を断っ ...

労働基準法 労働関係

労働条件の有効な変更と無効になる変更

労働条件の変更をする場合は、労働者と使用者が合意して行います。 労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる(労働契約法第8条)。   しかし、特に ...

労働関係

普通の労働契約と派遣の労働契約との違い

2019/04/16    ,

3人に1人が非正規雇用といわれる現在では、派遣という働き方が当たり前になりました。 派遣で働いている人でも、自分がどの立場で働いているのか気付いていない人もたくさんいたりします。 派遣元と派遣先とでは ...

雇用保険法 助成金・補助金

「キャリアアップ助成金」が一部拡充

2019/04/04    ,

平成31年4月1日から「キャリアアップ助成金」の一部拡充が実施されています。 キャリアアップ助成金には、「正社員化コース」「賃金規定等改定コース」「健康診断制度コース」「賃金規定等共通化コース」「諸手 ...

雇用保険法

高年齢雇用継続給付、育児休業給付、介護休業給付の支給限度額が変更されます

2019/03/15    

雇用保険の「高年齢雇用継続給付」「育児休業給付」「介護休業給付」の支給限度額が、平成31年3月18日から変更になります。 これらの支給限度額は、毎月勤労統計の平均定期給与額の増減によって変更されていま ...

労務管理 社会保険労務士

「パートタイム・有期雇用労働法」の改正で変わること

同一労働同一賃金のガイドラインの適用により、正社員とパートタイム・有期雇用労働者との間の待遇について、不合理な差別を設けることが禁止されます。   厚生労働省 同一労働同一賃金ガイドライン ...

Copyright© ライフプラン社労士事務所 , 2019 All Rights Reserved.