医療保険制度(健保・国保・介護・後期)

医療保険の制度は、普段の生活で起こるけがや病気についての医療費負担を軽減させる仕組みです。

健康保険制度は、健康保険法という法律によって定められています。

医療保険には、健康保険の他に後期高齢者医療制度や国民健康保険等があります。

 

日本では全ての国民はいずれかの医療保険に加入する国民皆保険を採っています。

 

健康保険法の基本理念

健康保険制度については、これが医療保険制度の基本をなすものであることにかんがみ、高齢化の進展、疾病構造の変化、社会経済情勢の変化等に対応し、その他の医療保険制度及び後期高齢者医療制度並びにこれらに密接に関連する制度と併せてその在り方に関して常に検討が加えられ、その結果に基づき、医療保険の運営の効率化、給付の内容及び費用の負担の適正化並びに国民が受ける医療の質の向上を総合的に図りつつ、実施されなければならない。

 

公的医療保険は、民間の生命保険会社が扱う医療保険とは違い、任意に加入するものではありません。

公的医療保険では、要件に該当した人はその保険制度の被保険者になります。

 

公的医療保険の保険給付の内容を知ることは、無駄な医療保険に入ることを避けれるので、家計の見直しにもつながります。

 

公的医療は強制なので、企業は従業員の保険手続きを適正に滞りなく行う必要があります。

社会保険に関する手続きは多岐にわたりますが、しっかりと行わないと後で後悔することになります。

事業主の中には、従業員の手続きを怠ったために、何百万円も支払わなければならなくなったケースもあります。

 

ここにあるものは過去にまとめたものですので、重複しているものもあります。

健康保険法

健康保険について(目的と保険者・医療機関等)

健康保険の適用事業所

健康保険の被保険者(一般の被保険者・任意継続被保険者)

健康保険の保険料(標準報酬月額、賞与額と保険料率)

健康保険の保険給付の種類

高額療養費制度

日雇特例被保険者

 

国民健康保険制度

国民健康保険のしくみ(保険者と被保険者)

国民健康保険の給付(高額療養費以外)

高額療養費

保険料について

 

後期高齢者医療制度

後期高齢者医療制度について

 

介護保険法

介護保険制度(保険者と被保険者)

介護保険の要介護状態と保険料

要介護と要支援

介護保険の保険給付(利用できるサービス)

 

更新日:

Copyright© ライフプラン社労士事務所 , 2019 All Rights Reserved.