「医療保険」 一覧

介護保険

医療保険

介護保険制度(保険者と被保険者)

高齢者の増加、高齢期にかかる認知症や寝たきりの問題、核家族化の進展による独居老人の増加など、高齢期の介護問題がクローズアップされたことで、従来の介護サービスの問題が明らかとなりました。 従来の高齢期の ...

医療保険

国民健康保険の給付(高額療養費除く)

国民健康保険の被保険者が、怪我や病気をして病院で治療を受けたとき、出産や死亡があったときは、国民健康保険制度から保険による治療や現金の支給を受けられます。   国民健康保険の被保険者は、病院 ...

医療保険

国民健康保険制度とは

日本では、すべての国民がいずれかの保険に加入する「国民皆保険制度」を採っています。 会社員は健康保険組合や協会けんぽといった社会保険に加入できますが、自営業者は健康保険組合や協会けんぽの対象外なので国 ...

医療保険

後期高齢者医療制度

2019/08/04    ,

従来の老人保健制度に代わって実施されているのが、主に75歳以上の高齢者を対象とする「後期高齢者医療制度」です。 後期高齢者医療は、老人保健法を改正することによって制定された「高齢者の医療の確保に関する ...

医療保険

国民健康保険の保険料

国民健康保険の保険料は、被保険者ごとに所得金額を計算し、それを合計したものが世帯の保険料額になります。 国民健康保険は、都道府県と市町村が保険者なので、自治体によって内容が違うこともあります。 ここで ...

医療保険

高額療養費制度

高額療養費制度があるので、その月の医療費が著しく高額になったとしても、その月の医療費を一定額まで抑えることができます。 その月の療養費が著しく高額な場合は、一部負担金として支払った額のうち上限を超える ...

医療保険

介護保険の保険給付(利用できるサービス)

介護保険法による保険給付は、介護給付と予防給付に加えて市町村特別給付があります。 介護給付は、被保険者の要介護状態に関する保険給付をいい、予防給付は、被保険者の要支援状態に関する保険給付をいいます。 ...

介護保険

医療保険

介護保険の要介護と要支援

2017/10/05    ,

会社員が40歳になると被保険者になる介護保険ですが、介護状態が認められなければ、実際に介護保険は利用できません。 介護保険では、40歳以上の第2号被保険者と65歳以上の第1号被保険者があります。 &n ...

介護保険

医療保険

介護保険制度の要介護状態と保険料

介護保険制度は、40歳以上の人が第2号被保険者となって保険料を納め、介護が必要な人は費用の一部を負担すれば介護サービスが受けられます。   介護保険法では、要介護状態であれば介護給付を受けら ...

Copyright© ライフプラン社労士事務所 , 2019 All Rights Reserved.