「 被保険者 」 一覧

遺族厚生年金

厚生年金

遺族厚生年金(支給要件・遺族の範囲・年金額)

遺族年金には、国民年金の遺族基礎年金と厚生年金保険の遺族厚生年金とがあります。 どちらも遺族に対する年金ですが、遺族基礎年金が子供がいないと支給されないのに対して、遺族厚生年金は子供がいなくても支給さ ...

基礎年金

国民年金

国民年金の基礎年金

日本では、全ての国民が最低でも国民年金は受け取れるという「国民皆年金制度」を採っています。   日本の年金制度では、全ての国民が対象となる「国民年金から基礎年金」が支給され、基礎年金に上乗せ ...

介護保険

医療保険

介護保険制度(保険者と被保険者)

高齢者の増加、高齢期にかかる認知症や寝たきりの問題、核家族化の進展による独居老人の増加など、高齢期の介護問題がクローズアップされたことで、従来の介護サービスの問題が明らかとなりました。 従来の高齢期の ...

健康保険

健康保険の被保険者(一般の被保険者・任意継続被保険者)

健康保険では、適用事業所に使用される者であれば、原則として被保険者になります。   アルバイトやパートは健康保険の被保険者にならないと誤解する人がいます。 健康保険は、アルバイトやパートとい ...

医療保険

国民健康保険の給付(高額療養費除く)

国民健康保険の被保険者が、怪我や病気をして病院で治療を受けたとき、出産や死亡があったときは、国民健康保険制度から保険による治療や現金の支給を受けられます。   国民健康保険の被保険者は、病院 ...

医療保険

国民健康保険制度とは

日本では、すべての国民がいずれかの保険に加入する「国民皆保険制度」を採っています。 会社員は健康保険組合や協会けんぽといった社会保険に加入できますが、自営業者は健康保険組合や協会けんぽの対象外なので国 ...

雇用保険法

失業者の再就職を援助・支援する給付が「就職促進給付」

失業した人の再就職を支援したり、促進したりするのが就職促進給付です。   就職促進給付は、さらに就業促進手当と移転費、求職活動費に分かれます。   このうち就業促進手当は、さらに常 ...

雇用保険法

基本手当以外の一般求職者給付(延長給付,傷病手当,技能習得手当等)

一般被保険者に対する求職者給付のメインは基本手当ですが、その他にも所定給付日数を超えて基本手当が受けられる延長給付や、病気やけがで仕事に就けない場合に基本手当に変わって支給される傷病手当などがあります ...

雇用保険法

一般被保険者に対する求職者給付(基本手当)

雇用保険の一般被保険者が、失業した時に支給される求職者給付には、基本手当(失業手当)、技能習得手当、寄宿手当、傷病手当があります。   雇用保険のメイン給付といえば、失業して仕事に就けない期 ...

雇用保険法

日雇労働被保険者に係るに日雇労働求職者給付金

日雇労働被保険者が失業した場合は、納付した印紙保険料に応じて日雇労働求職者給付が支給されます。   日雇労働求職者給付金は、日額7,500円の第1級から日額4,100円の第3級まで等級区分が ...

雇用保険法

高年齢被保険者に係る高年齢求職者給付

一般被保険者に対しては基本手当が支給されますが、高年齢被保険者は基本手当の対象ではありません。 ただし、高年齢被保険者が対象となる求職者給付に高年齢求職者給付金というものがあります。   6 ...

雇用保険法

雇用保険料の費用負担

雇用保険は、基本手当や助成金を支給する等して、失業者の生活保障や再就職を援助しています。   被保険者や被保険者であった者に関し、失業の予防や雇用機会を与えたり、教育訓練を受けさせた事業主に ...

健康保険

日雇特例被保険者

適用事業所に使用される日雇労働者と一般の被保険者とは扱いに異なる部分があります。   日雇特例被保険者とは 日雇特例被保険者とは、原則として適用事業所に使用される日雇労働者のことをいいます。 ...

医療保険

高額療養費制度

高額療養費制度があるので、その月の医療費が著しく高額になったとしても、その月の医療費を一定額まで抑えることができます。 その月の療養費が著しく高額な場合は、一部負担金として支払った額のうち上限を超える ...

厚生年金の保険料

厚生年金

厚生年金の保険料はどのようにして決まる?

厚生年金保険の保険料は、標準報酬月額(標準報酬月額と標準賞与額の決定)に保険料率を乗じて決まります。 計算によって算出された厚生年金保険の保険料は、事業主と被保険者とで折半して負担します。 &nbsp ...

Copyright© ライフプラン社労士事務所 , 2019 All Rights Reserved.