人生設計に大事な社会保険について

社会保険について知るブログ

「 被保険者 」 一覧

雇用保険法

高年齢被保険者に係る高年齢求職者給付

一般被保険者に対しては基本手当が支給されますが、高年齢被保険者は基本手当の対象ではありません。 ただし、高年齢被保険者が対象となる求職者給付に高年齢求職者給付金というものがあります。   6 ...

雇用保険法

雇用保険料の費用負担

雇用保険は、基本手当や助成金を支給する等して、失業者の生活保障や再就職を援助しています。   被保険者や被保険者であった者に関し、失業の予防や雇用機会を与えたり、教育訓練を受けさせた事業主に ...

医療保険

日雇特例被保険者

適用事業所に使用される日雇労働者と一般の被保険者とは扱いに異なる部分があります。   日雇特例被保険者とは 日雇特例被保険者とは、原則として適用事業所に使用される日雇労働者のことをいいます。 ...

医療保険

高額療養費制度

高額療養費制度があるので、その月の医療費が著しく高額になったとしても、その月の医療費を一定額まで抑えることができます。 その月の療養費が著しく高額な場合は、一部負担金として支払った額のうち上限を超える ...

厚生年金の保険料

公的年金

厚生年金の保険料はどのようにして決まる?

厚生年金保険の保険料は、標準報酬月額(標準報酬月額と標準賞与額の決定)に保険料率を乗じて決まります。 計算によって算出された厚生年金保険の保険料は、事業主と被保険者とで折半して負担します。 &nbsp ...

公的年金

国民年金の保険料(保険料額・免除・追納)

年金の積立金は、年金積立金管理運用独立行政法人によって運用されるため運用収入があります。 2018年度においての運用資産額は159兆2,154億円、運用収益は2兆3,795億円、収益率は1.52%でし ...

医療保険

健康保険の高額療養費制度

健康保険は、医療機関で診療を受けた場合であっても、支払いの一部を負担するだけで済みます。 しかし、それでも一部負担金が高額になることがあります。   同じ月に同じ保険医療機関で支払った一部負 ...

特別支給の老齢厚生年金

公的年金

特別支給の老齢厚生年金(60歳から65歳まで)

本来は厚生年金保険は65歳から支給されますが、昭和36年4月1日以前に生まれた人に対しては、65歳未満でも老齢厚生年金が支給されます。 この65歳未満に対して支給される老齢厚生年金は、「特別支給の老齢 ...

障害厚生年金・障害手当金

公的年金

障害厚生年金と障害手当金

疾病又は負傷及びこれらに起因する疾病により、障害厚生年金の要件に該当した場合は、障害厚生年金が支給されます。 厚生年金保険は、労働者の老齢、障害又は死亡について保険給付を行い、労働者及びその遺族の生活 ...

厚生年金の被保険者

公的年金

厚生年金保険の適用事業と被保険者

厚生年金保険とは、会社員や公務員が対象になる公的年金のことです。 厚生年金保険が適用されるかは、適用事業所であるかや適用除外に該当しないかどうかによります。   厚生年金保険の適用事業所につ ...

Copyright© 社会保険について知るブログ , 2022 All Rights Reserved.