人生設計に大事な社会保険について

社会保険について知るブログ

「 社会保険 」 一覧

公的年金

2019年の年金額は、昨年より0.1%上昇になります

2019の年金額は、昨年よりも0.1%上昇することになりました。 0.1%上昇したことにより、老齢基礎年金の満額も780,100円になります。   毎年1月になると賃金や物価の変動が明らかに ...

医療保険

国民健康保険の保険料

国民健康保険の保険料は、被保険者ごとに所得金額を計算し、それを合計したものが世帯の保険料額になります。 国民健康保険は、都道府県と市町村が保険者なので、自治体によって内容が違うこともあります。 ここで ...

医療保険

高額療養費制度

高額療養費制度があるので、その月の医療費が著しく高額になったとしても、その月の医療費を一定額まで抑えることができます。 その月の療養費が著しく高額な場合は、一部負担金として支払った額のうち上限を超える ...

厚生年金の保険料

公的年金

厚生年金の保険料はどのようにして決まる?

厚生年金保険の保険料は、標準報酬月額(標準報酬月額と標準賞与額の決定)に保険料率を乗じて決まります。 計算によって算出された厚生年金保険の保険料は、事業主と被保険者とで折半して負担します。 &nbsp ...

公的年金

国民年金の保険料(保険料額・免除・追納)

年金の積立金は、年金積立金管理運用独立行政法人によって運用されるため運用収入があります。 2018年度においての運用資産額は159兆2,154億円、運用収益は2兆3,795億円、収益率は1.52%でし ...

医療保険

健康保険の高額療養費制度

健康保険は、医療機関で診療を受けた場合であっても、支払いの一部を負担するだけで済みます。 しかし、それでも一部負担金が高額になることがあります。   同じ月に同じ保険医療機関で支払った一部負 ...

老齢厚生年金

公的年金

本来の老齢厚生年金(65歳から支給)

今の受給者の中には65歳より前に年金を受け取っている人もいますが、老齢厚生年金は本来は65歳から支給されます。   65歳より前に受け取る老齢厚生年金は、特別支給の老齢厚生年金とか、60歳代 ...

特別支給の老齢厚生年金

公的年金

特別支給の老齢厚生年金(60歳から65歳まで)

本来は厚生年金保険は65歳から支給されますが、昭和36年4月1日以前に生まれた人に対しては、65歳未満でも老齢厚生年金が支給されます。 この65歳未満に対して支給される老齢厚生年金は、「特別支給の老齢 ...

障害厚生年金・障害手当金

公的年金

障害厚生年金と障害手当金

疾病又は負傷及びこれらに起因する疾病により、障害厚生年金の要件に該当した場合は、障害厚生年金が支給されます。 厚生年金保険は、労働者の老齢、障害又は死亡について保険給付を行い、労働者及びその遺族の生活 ...

標準報酬

公的年金

標準報酬月額と標準賞与額の決定

厚生年金保険と健康保険では、被保険者が受ける毎月の報酬を段階捌に区分した「標準報酬月額」にあてはめて事務処理をします。   標準報酬月額は、資格取得時決定によって入社したときに決定します。 ...

Copyright© 社会保険について知るブログ , 2020 All Rights Reserved.