「 労働契約 」 一覧

労働基準法

日本は外国に比べて解雇が難しい「解雇に関する法律」

2019/06/08    , ,

有期労働契約といった期間が決められている労働契約では、締結や更新、雇止めに関してルールが定められております。 労働者が働く場合の法律というと「労働基準法」を思い浮かべる人が多いと思いますが、法律で解雇 ...

労働基準法 労働関係

労働条件の有効な変更と無効になる変更

労働条件の変更をする場合は、労働者と使用者が合意して行います。 労働者及び使用者は、その合意により、労働契約の内容である労働条件を変更することができる(労働契約法第8条)。   しかし、特に ...

労働関係

普通の労働契約と派遣の労働契約との違い

2019/04/16    ,

3人に1人が非正規雇用といわれる現在では、派遣という働き方が当たり前になりました。 派遣で働いている人でも、自分がどの立場で働いているのか気付いていない人もたくさんいたりします。 派遣元と派遣先とでは ...

労務管理 社会保険労務士

「パートタイム・有期雇用労働法」の改正で変わること

同一労働同一賃金のガイドラインの適用により、正社員とパートタイム・有期雇用労働者との間の待遇について、不合理な差別を設けることが禁止されます。   厚生労働省 同一労働同一賃金ガイドライン ...

労務管理

小さい会社は採用の選考基準を明確にして失敗を防止する

2018/12/05    ,

小さな会社では、新しい人を募集するにあたって、独自の採用基準がある会社があれば、ほとんど試験らしいことを行わない会社があります。 また、支店ごとに選考基準が異なるために、人材の質が店舗で大きく違うなん ...

労働基準法

労働者の不利益になるような変更は原則禁止されている

会社の業績が悪いからといって、会社が労働者の賃金を自由に下げたり、解雇できるわけではありません。 労働者が会社に入社する際には労働契約を締結しますが、労働契約はお互いの合意に基づいて締結しているはずで ...

労働関係

派遣で働く場合の3年ルール

2017/12/08    ,

労働者として派遣で働く場合は、企業と直接労働契約を結んで働くのとは違います。 例えば、平成27年の労働者改正法では、同じ事業所で働くには3年の上限が設けられるようになりました。 厚生労働省HP 平成2 ...

労働基準法

「有効な懲戒処分」と「無効な懲戒処分」

会社のルール(服務規程)に違反した場合に、会社から受ける懲戒処分。 この懲戒処分をめぐってトラブルに発展することは多く、裁判にまで発展することもあります。 労働者を自由に懲戒処分できると思っている会社 ...

Copyright© ライフプラン社労士事務所 , 2019 All Rights Reserved.