「 厚生年金 」 一覧

遺族厚生年金

厚生年金

遺族厚生年金(支給要件・遺族の範囲・年金額)

遺族年金には、国民年金の遺族基礎年金と厚生年金保険の遺族厚生年金とがあります。 どちらも遺族に対する年金ですが、遺族基礎年金が子供がいないと支給されないのに対して、遺族厚生年金は子供がいなくても支給さ ...

厚生年金

厚生年金

厚生年金について(厚生年金保険の概要)

会社員や公務員には、国民年金に加えて「厚生年金保険」が上乗せして支給されます。   厚生年金保険法は、もともとは工場に勤務する男性労働者を対象にして発足された制度ですが、やがて対象者を一般労 ...

厚生年金 ニュース・データ

政府が在職老齢年金の廃止を検討、在職老齢年金とは

2019/04/28    ,

厚生年金年金受給者のうち、一定以上の収入がある人を対象にした「在職老齢年金」制度。 在職老齢年金について書いていたら、在職老齢年金の廃止を検討しているというニュースを知りました。   政府・ ...

国民年金 厚生年金

2019年の年金額は、昨年より0.1%上昇になります

2019の年金額は、昨年よりも0.1%上昇することになりました。 0.1%上昇したことにより、老齢基礎年金の満額も780,100円になります。   毎年1月になると賃金や物価の変動が明らかに ...

厚生年金の保険料

厚生年金

厚生年金の保険料はどのようにして決まる?

厚生年金保険の保険料は、標準報酬月額(標準報酬月額と標準賞与額の決定)に保険料率を乗じて決まります。 計算によって算出された厚生年金保険の保険料は、事業主と被保険者とで折半して負担します。 &nbsp ...

老齢厚生年金

厚生年金

本来の老齢厚生年金(65歳から支給)

今の受給者の中には65歳より前に年金を受け取っている人もいますが、老齢厚生年金は本来は65歳から支給されます。   65歳より前に受け取る老齢厚生年金は、特別支給の老齢厚生年金とか、60歳代 ...

特別支給の老齢厚生年金

厚生年金

特別支給の老齢厚生年金(60歳から65歳まで)

本来は厚生年金保険は65歳から支給されますが、昭和36年4月1日以前に生まれた人に対しては、65歳未満でも老齢厚生年金が支給されます。 この65歳未満に対して支給される老齢厚生年金は、「特別支給の老齢 ...

障害厚生年金・障害手当金

厚生年金

障害厚生年金と障害手当金

疾病又は負傷及びこれらに起因する疾病により、障害厚生年金の要件に該当した場合は、障害厚生年金が支給されます。 厚生年金保険は、労働者の老齢、障害又は死亡について保険給付を行い、労働者及びその遺族の生活 ...

標準報酬

厚生年金

標準報酬月額と標準賞与額の決定

厚生年金保険と健康保険では、被保険者が受ける毎月の報酬を段階捌に区分した「標準報酬月額」にあてはめて事務処理をします。   標準報酬月額は、資格取得時決定によって入社したときに決定します。 ...

厚生年金の被保険者

厚生年金

厚生年金保険の適用事業と被保険者

厚生年金保険とは、会社員や公務員が対象になる公的年金のことです。 厚生年金保険が適用されるかは、適用事業所であるかや適用除外に該当しないかどうかによります。   厚生年金保険の適用事業所につ ...

一人一年金

国民年金 厚生年金

一人一年金の原則と併給調整

社会保険の年金給付は、原則として「一人一年金の原則」を採っています。 一人一年金の原則は、同一の支給事由に基づく国民基礎年金と厚生年金の併給のみ認めており、それ以外の併給は認められていません。 &nb ...

厚生年金 健康保険

社会保険労務士が社会保険料逃れを唆したのか

先日、ニュースで社会保険料逃れがニュースで取り上げられました。 テレビのニュースでは一度見ただけでしたが、翌日に日本経済新聞などで大きく取り上げられてました。 世間ではそれほど話題になりませんでしたが ...

国民年金 厚生年金

マクロ経済スライドの仕組みと所得代替率の維持

2004年の制度改正で導入されたのがマクロ経済スライドです。 ただし、物価スライド特例措置によって実際に適用されることになるのは2015年からでした。   マクロ経済スライドの導入 年金制度 ...

厚生年金 健康保険

2017年の4月から短時間労働者に対する適用拡大があります

社会保険関連の法律も毎年のように改正されています。   短時間労働者の対象が拡大 平成29年(2017)4月1日からは、厚生年金の対象が拡大されます。   被保険者数が500人以下 ...

Copyright© ライフプラン社労士事務所 , 2019 All Rights Reserved.