マーケティング

複数のホームページをもってもいい、SEO業者に相談した結果

更新日:

飛び込み営業はお金はかかりませんが効率が悪い、かといって雑誌に広告を出稿したりチラシの配布は高額な費用がかかります。

自分なりにやってみた結果、ホームページに力を入れることと、交流会へ参加してみるのが費用の割に効果があるような気がします。

SNSの広告も費用が安く設定できるのでいいかもしれません。

ホームページは複数あってもいい

マーケティングでよくいわれるのが「絞り込み」です。

商圏の絞り込み、ターゲットの絞り込み、商品・サービスの絞り込み、といったことです。

例えば、ファイナンシャルプランナーに住宅ローンを相談しようと思ったら、ホームページに「投資、保険、住宅ローン、相続、ライフプラン」と業務範囲をずらずらと並べている人よりも、「住宅ローン専門」と業務を絞った人のほうが問い合わせてみようという気になります。

また、ターゲットの絞り込みであれば、「全てのお客様」を対象としている専門家よりも、「30代限定」や「子育て世代限定」などを謳ってる専門家のほうが同じような相談者から相談を受けていそうな気がします。

ホームページでも絞り込みが重要といわれています。

 

中には、絞り込みをすると該当しない人からの相談がなくなるから反対の人もいます。

しかし、反対の人でもホームページを複数持つことでネット上で絞り込みをすることが可能です。

 

例えば、ファイナンシャルプランナーの業務分野は広い範囲に及びます。

ファイナンシャルプランナーであれば、「金融」「保険」「不動産」「年金」「相続」「住宅ローン」「教育資金」といた分野の知識があります。

1つのホームページしか持っていないと、1つのホームページで全てのことを掲載することが普通です。

しかし、複数のホームページを持つことでそれぞれの分野ごとのサイトができ、その結果絞り込みができます。

 

メイン業務が保険と相続であれば、1つ目のサイトは「保険」、2つ目のサイトは「不動産」といったようにして使い分ければ、「保険」のサイトでは保険のことしか書かれていませんので「この人は保険の専門家だから保険については詳しそう」と認識してもらえます。

「不動産」のサイトでは不動産に関する役立ち記事やコラムといった不動産の分野に特化したものにすれば、不動産に強そうな専門家と認識してもらえます。

もしこれが、1つのサイトに「保険」「不動産」の2つのことが書いてあるとコンセプトがブレることがあります。

2つ3つならまだしも10くらいの分野について触れていると「特化型のサイト」ではなく、「雑記型のサイト」といった認識をされてしまうことがあります。そうするとSEO的にもよくありません。

 

以上のことからネット集客に力を入れている専門家は、複数のホームページをもっていたりします。

別に1つのホームページに固執する必要はありません。

 

商圏の絞り込みであれば、品川区専門のホームページにする一方で大田区のホームページを作るとかできます。

これも複数のホームページをもつことでできます。

 

ターゲットの絞り込みなら、年代ごとに悩みは違います。

20代、30代なら住宅ローンや子供の教育資金について関心が高いと思います。

40代、50代なら老後資金や年金に対して関心が高いのではないでしょうか。

高齢者以上なら相続に関心が高くなります。

これもそれぞれの分野に関するホームページをもつことで絞り込みができます。

 

ホームページを作るのは手間がかかりますが、

コツコツと積み上げていくことで広告料金を抑えることができます。

ホームページは、SNSであり、ランディングページであり、24時間営業の営業マンにもなります。

人が1日に働ける時間には制限がありますが、ホームページにはありません。

ホームページが検索されるようになるには時間がかかるので、独立したばかりであってもホームページは作っておくのがいいと思います。

SEO業者もあの手この手で営業をかけてくる

毎日毎日、SEO業者から営業電話がかかってきます。そして、SEO業者は様々な手口で営業をかけてきます。

 

今日の営業の切り口は、ビジネスサイトを運営しているという業者です。

業者が運営しているサイトの知名度を上げるため、サイトに登録してもらい、そのかわりに無料でホームページを作ってあげるという訳の分からないものでした。確かにたくさんの専門家が登録されていた方が信用性の高いサイトと思われることがあります。

 

ホームページをもっていない人なら引っかかるかもしれません。

うちはホームページがあるので別にいらないというと、「えっ、無料なのに断るんですか」とわざとらしい演技で胡散臭かったです。

 

あまりにしつこいので、無料ならいいよ、というとどうやらホームページの作成は無料ですが、サーバー料金は月額3万円以上かかるとのことを言いだしました。

この会社のホームページでは、士業の先生や中小企業のホームページが紹介されていますが、ここで紹介されているということは、引っかかったということでしょう、かわいそう。

 

ホームページを無料で作ってもらっても、毎月サーバー代金込みで3万円ははっきり言って高いです。

問い合わせがあればいいのですが、結構厳しいです。私なら5万円で維持費不要で教えますね。

定年後に開業した士業の先生は、結構引っかかっているみたいです。

 

別のSEO業者から聞いたのですが、ヤフーやグーグルで「出口」とか「いいえ」と検索すると、yahooのサイトが1番に表示されます。

これは、アダルトサイトなどで未成年や18歳未満を選択するとYahoo!に飛ぶようにリンクされているからだそうで、だから外部リンクが重要なんですとのことでした。

この話は結構有名な話らしく、ネットで検索するとこのことについての情報がたくさんでできます。

 

 

今までいくつかの広告業者と付き合いましたが、提案されたことでうまくいったことはありませんでした。

業者の言いなりになるのではなくて、自分の考えと計画に必要なもののみを最小限使うようにした方が良かったと思います。

ホームページも経営もPDCAサイクルを取り入れます。

 

 

 

 

神奈川県横浜市、東京の社労士探しは ライフプラン社会保険労務士事務所

https://kanagawa-sr.com

お気軽にお問い合わせください。

 

対応地域

神奈川

東京

 

-マーケティング
-

Copyright© ライフプラン社労士事務所 , 2019 All Rights Reserved.