「 ライフプラン 」 一覧

遺族厚生年金

厚生年金

遺族厚生年金(支給要件・遺族の範囲・年金額)

遺族年金には、国民年金の遺族基礎年金と厚生年金保険の遺族厚生年金とがあります。 どちらも遺族に対する年金ですが、遺族基礎年金が子供がいないと支給されないのに対して、遺族厚生年金は子供がいなくても支給さ ...

基礎年金

国民年金

国民年金の基礎年金

日本では、全ての国民が最低でも国民年金は受け取れるという「国民皆年金制度」を採っています。   日本の年金制度では、全ての国民が対象となる「国民年金から基礎年金」が支給され、基礎年金に上乗せ ...

国民年金

自営業者は国民年金基金という選択がある

国民年金基金は、会社員と比べて年金が少ないとされる自営業者やフリーランスを対象にした公的な個人年金です。 国民年金基金の制度は、会社員との格差を埋める目的なので、加入できる人は第1号被保険者等に限られ ...

雇用保険法

一般被保険者に対する求職者給付(基本手当)

雇用保険の一般被保険者が、失業した時に支給される求職者給付には、基本手当(失業手当)、技能習得手当、寄宿手当、傷病手当があります。   雇用保険のメイン給付といえば、失業して仕事に就けない期 ...

健康保険

健康保険の高額療養費制度

健康保険は、医療機関で診療を受けた場合であっても、支払いの一部を負担するだけで済みます。 しかし、それでも一部負担金が高額になることがあります。   同じ月に同じ保険医療機関で支払った一部負 ...

老齢厚生年金

厚生年金

本来の老齢厚生年金(65歳から支給)

今の受給者の中には65歳より前に年金を受け取っている人もいますが、老齢厚生年金は本来は65歳から支給されます。   65歳より前に受け取る老齢厚生年金は、特別支給の老齢厚生年金とか、60歳代 ...

特別支給の老齢厚生年金

厚生年金

特別支給の老齢厚生年金(60歳から65歳まで)

本来は厚生年金保険は65歳から支給されますが、昭和36年4月1日以前に生まれた人に対しては、65歳未満でも老齢厚生年金が支給されます。 この65歳未満に対して支給される老齢厚生年金は、「特別支給の老齢 ...

障害厚生年金・障害手当金

厚生年金

障害厚生年金と障害手当金

疾病又は負傷及びこれらに起因する疾病により、障害厚生年金の要件に該当した場合は、障害厚生年金が支給されます。 厚生年金保険は、労働者の老齢、障害又は死亡について保険給付を行い、労働者及びその遺族の生活 ...

ライフプラン

将来の年金が心配の人には確定拠出年金がおすすめ

ニュースでも70歳年金の話が取り沙汰されるようになりました。 私の同年代でも将来の年金を不安視(疑問視?)する人がいます。 毎年増え続ける社会保障費の話や、高齢者世帯の生活費の不足額が平均で7万円とい ...

ライフプラン

早めに立てるリタイアメントプランニング

2017/05/23    

老後に悠悠自適に生活したいのであれば、退職に向けた計画が必要です。 ファイナンシャルプランニングでは、退職に向けた計画をリタイアメントプランニングと呼んでいます。   会社を退職するのはいつ ...

ライフプラン

人生100年時代の到来でライフプランが必要な時代に

2017/05/22    

リンダ・グラットンとアンドリュー・スコットは、著作「LIFE SHIFT(ライフシフト)」で2007年に先進国で生まれた赤ん坊の2人に1人が100歳まで生きると唱えています。 日本政府も人生100年時 ...

資格

社会保険労務士とファイナンシャルプランナーの違い

社会保険労務士(以下社労士)と相性の良い資格として挙げられるのが、ファイナンシャルプランナー(以下FP)です。 テレビなどでは、年金についてどちらも専門家として出演しているのを見かけます。 &nbsp ...

Copyright© ライフプラン社労士事務所 , 2019 All Rights Reserved.