新規開業支援

新しく会社を開業した経営者様

新しく会社を立ち上げたい、従業員を雇用したけど何すればいいんだろう、

社会保険の手続き面倒くさいな、会社として何が必要なんだろうか、

新しく開業したばかりだと何をすればいいか不明なことも多いことと思います。

当事務所では、新規設立時の「何?」について対応しています。

社会保険労務士は、人事・労務管理・社会保険の専門家です

社会保険の新規適用、従業員さんの取得届、退職に関する手続きといった「人」に関する専門家が「社会保険労務士」です。

 

社会保険労務士が扱う分野には、会社の社会保険の新規適用手続き、従業員さんの資格取得や退職した場合の喪失届、雇用に関する助成金の申請、就業規則の作成、賃金台帳・労働者名簿・出勤簿、といったものがあります。

社会保険労務士が扱う分野は広範にわたりますが、いずれも「人」に関連しています。

人に関することを扱うことから、社会保険労務士が人事・労務の専門家といわれています。。

 

労働保険・社会保険に関連する手続きや就業規則、給与計算を全て社長様が行うのは大変です。

 

当事務所では、これから起業するお客様の人に関する相談を受け付けています。

労働保険・社会保険の手続き

会社を新規に設立した場合は、社会保険に関する書類を提出する必要があります。

 

本来、社会保険に加入するはずだったのに未加入だったために、2年間遡って社会保険料を支払わされたケースもあります。

給与計算

給与計算では、改正による最低賃金に気づかないケースがあります。

面倒な給与計算についても対応していますのでご相談ください。

就業規則

就業規則は、10人以上の事業所では作成が義務付けられています。

また、10人未満であっても、就業規則は会社のルールなので、

事前にルールを決めておくことは労使双方にとってメリットとなります。

助成金の申請

助成金は、改正が多く、手続きも煩雑なため、助成金手続きを断る社労士の先生もいます。

当事務所では、面倒くさがらずに顧問先様に適宜、助成金の提案をしてまいります。

新しく開業した企業にとって社会保険労務士を活用するメリット

新しく開業した場合や人を新たに雇用した場合には、社会保険に関する手続きが必要です。

また、最初は小さい規模でも人が増えてくると新しく必要になる書類手続きも出てきますが、書類手続きは意外と知られていないこともあって提出し忘れることがよくあります。

 

新しい会社にとって一番重要なのは集客と売上です。

特に新しい会社は信用がないため、軌道に乗せるまでが大変です。他社に競り勝つためには、手続き業務は外務の専門家へ委託することでコストの削減や業務の効率化を図ることが可能です。

専門家にアウトソーシングすることは、適切な手続きと専門的なアドバイスを期待できます。

無駄なコストを削減できれば、その分を集客のために割くことができます。

 

社会保険の手続きなどのために自社で社員を抱えた場合は、会社に社会保険に精通している人がいなければ、合理的な処理ができるかどうかわかりません。

 

社会保険労務士に委託すればその都度必要な事務処理を迅速かつ適切に行うことができます。

必要な手続きのみを委託することから人件費の軽減が期待でき、労務管理に対しても専門家のアドバイスが受けられます。

また、毎年のように改正・新しくできる雇用関係助成金について最新情報を得ることも可能です。

ライフプラン社労士事務所へのお問い合わせ

当事務所にお問い合わせの際は、メールまたは電話にてお問い合わせください。

メールは、24時間受け付けておりますので、メールでのお問い合わせが便利です。

メールの場合は、担当のものから折り返しメール、または、電話にて連絡させていただきます。

 

メール info@kanagawa-sr.com

下記のお問い合わせのリンク先からが簡単です。

更新日:

Copyright© ライフプラン社労士事務所 , 2019 All Rights Reserved.